ある事実について

もし体裁上の問題で首ということになると、みんな論文書けなくなります。科学も実験系の論文はなかなか発展しないということになりますので、

そういう風な規則は入れないほうがいいと思います。
間違いがあったら修正したらいいという話なので。裁判になれば悪意の定義が争点になるでしょうが、、裁判になると法律的解釈が重要になる以上、不倫調査 名古屋法律用語で考えた場合、「ある事実について知っていること、 認識を持っていること」という意味で用いられ、「悪い」という価値判断は入り込まない。
そして今回の論文の問題は、論文の方法で再現試験に誰も成功してお らず、理研内部でも小保方氏以外での作製例がないとなれば、論文の正当性に疑問を抱くわけで、それで論文の内容で2点において不正行為というのに繋がるわ けです。理研としてはSTAP現象が認められれば、退職に追いやるとかいうのは考えていないとしても、欠陥のある論文については、国の機関として組織を運営する以上、何らかの処分と再発防止策の提示は絶対に求められるわけです。
間違いがあったら修正したらいい話ですが、それまでの過程を無視してはいけないと思います。マイナンバーに関するお話。