アメリカ=低品質

作成者は既にその世界である程度活躍している者であることが普通でしょう。 その意味で、ド素人は試験には通らない。

具体的に官営であるべき分野は何か、それは人によっていろいろ考えはあるでしょうが、簡単に言えば「悪事をしないこと」がどんな分野にも求められ る。

食べ物屋は毒物を入れてはならないし、食中毒を起こしてもいけない。そういうことが守られる状況になることが重要だと考えます。

三権分立の図の中で唯一誰からの掣肘も受けない「国民」の暴走をどうやったら防げるのか、その「ブレーキ」に乏しい制度はきわめて危険だと思います。

カルヴァンによって失われた精神は「喜捨」であります。蓄財が肯定されたのだから。これもまた商人の暴走に対するブレーキを失ったものといえるでしょう。 プロテスタントは禁欲ではなく、むしろ強欲だといえます。

アメリカ嫌いの人はよく、「アメリカ=低品質」という文脈で語ることが多く、それはまたアメリカ好きの人もあまり否定しない。

それもまた不思議なことではありますが、一つ言えるのは、アメリカには貴族がいないということです。サーなんて称号とはまず無縁といえましょう。