人事担当者

【知っておきたい】絶対にこの仕事がやりたいという明確なものもないし、あれも良さそう、いや、これも良さそうと考えた末に、しまいには自分が何がしたいのか企業の担当者に整理できず話せないことが多い。

当たり前だが企業の人事担当者は実際のパフォーマンスについてうまく読み取って、「自社に有用で、仕事をこなしてくれそうな人か?」を真剣に審査しようとしている。そのように感じるのだ。

いま求職活動中の企業そのものが熱心に希望している企業でないために、志望理由そのものが見いだせない心痛を抱える人がこの頃の時分には増加しています。
報酬や職場の待遇などがどんなに良いとしても、労働場所の環境自体が悪化したならば、次も別の会社に転職したくなることもあり得ます。

様々な理由があって退職・転職を考えている人が急激に増えているのだ。ところが、転職すると決めたはいいけれど、転職した後の人生設計が計画と異なる場合もあるのが真実なのです。