人材が潤沢とは言えませんね

見解の相違の部分、どこをどう読めばそう誤解されるのか…。教員のブラックさは心配していますよ。量的な改善も必須だと思っています。また、教員の質だけに解決が求められるものでは無いにしても、教員の質を度外視することはできないと考えています。

人材の質の件、優秀な人材の数が足りているとは到底思えません。少なくとも、一部上場企業でもトップクラスの企業でなければ、そのような人材が潤沢とは言えませんね。ただし、企業が求めている人材=PISAで高得点ではないと思います。一つの指標としてはありかもしれませんが。この点、誤解を生む表現も多々あったかと思います。失礼いたしました。

放置しないことによる負荷の点、量的な拡大が必要だと思っています。一人当りの仕事量なりストレスなりを減らすことが良質な教育サービスの提供につながると思っています。

教育内容に活かす点、失礼ながらなぜそのような論理に至るのかが分りません。企業の行動原理は、会社としていかに成果を挙げるかであって、会社内での相対的な評価ははるかに価値として低いです。グループとしての成果を上げる中で、どのような役割を果たせるかが重要になります。

社会の需要の件、掴めていても実践できていないっていうのは、掴めていないよりも悪質な部分もあると思います。

ところで、茶器さんはご発言から教育関係の方とお見受けしましたけど、差し支えない範囲で教えていただけませんか?ここで晒すのが問題ならメッセージでも良いですよ。