屈服させる戦い方

所詮アメリカでは、『お金で相手を屈服させる戦い方』に詳しい奴の方が偉いと言うことなのだろうか?それとも何日か前に日本とオーストラリアでEPAが締 結されたが、それをTPP交渉の道具として利用して米畜産団体はオーストラリアと同じ方法で商売をしたがっているだけののか?

でかい『釣り針』 『憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認』しか出来ない安倍政権を『極右政権だ!』と日本共産党の志位和夫委員長は非難したが、その程度のことしか出来 ない状態なのが、今の日本の情けない現状なのである。ぶっちゃけた話、私個人としては、現在の安倍政権は戦後55年体制時代の自民党と同じ風にしか見えな い。このままでは、『戦後レジームからの脱却』は夢のまた夢に終わってしまうだろう。 
今回の記事で、志位和夫氏が発言した『良心的な保守』って何でしょうか?ひょっとして中国や韓国が以前から口にしている『良心的日本人』(要は中 国や韓国にとって利用価値のある日本人)のパクリネタなのだろうか?