急性音響外傷

ライブの開催されるスペースや踊るための広場などに備えられた大音量スピーカーのすぐ近くで大音量を聞いて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言っています。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、四肢が何も感じない麻痺状態になったり下肢の著しいむくみなどが中心で、進行すると、深刻な場合、心不全を招く可能性があるのです。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹痛・悪心・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、バイ菌の感染によるものの場合は猛烈な腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38度台の高い発熱が違いだといえます。
クシャミ、鼻水、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを起こす花粉の飛散量の多さに比例するように深刻になってしまう特性があると言われています。
陰金田虫とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌が股部、陰嚢、尻などの場所に何らかの理由で感染し、棲みついた病気のことであり簡単に言うと水虫のことです。
肥満(obesity)の状態は当たり前のことながら摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が素因ですが、同量のごはんであっても、あっというまに終了する「早食い」を続けていれば脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く可能性があります。
PCモニターの強い光を軽減させるレンズの付いた専用メガネが今人気を集めている訳は、疲れ目の改善に多くの人が努めているからだと思っています。
下腹部の疝痛をもたらす病気の代表格として、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気などがよく挙がります。
様々な花粉症の症状(水っぱな、鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜しっかり眠れないと、それが引き金となって慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起床してからの行動性に思わしくない影響を与えるかもしれません。
もし婦人科の血液検査で事実上エストロゲンとゲスターゲンの量が足りずPOFだと判明した場合、足りない女性ホルモンを補填してあげる手当などで緩和できます。
バイ菌やウィルスなど病気を生み出す微生物(病原体)が肺へ侵入して罹患してしまい、肺全体が炎症反応を見せている境遇を「肺炎」と呼んでいるのです。
脳内のセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調節したり痛みを防御し、覚醒現象などを司っていて、うつ病(単極性気分障害)の方はその活動が弱いことが分かっている。
今、若い世代で結核菌(けっかくきん)に立ち向かう免疫力(抵抗力)を保持していない人々が増加したことや、自己判断のせいで診断が遅れることが主因の集団院内感染が増えているようです。
健康を推進する世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の浴び過ぎが肌に健康障害を起こすとして、18歳以下の男女が日サロを利用する行為の禁止を強く先進国に勧めています。
収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧がある程度続くと、血管に重い負荷がかかり、頭から足までありとあらゆる血管に障害がもたらされて、合併症になってしまう度合いが高まるのです。