相応の判決

ただ、仇討ちを野放しにすると、報復合戦になって秩序維持に弊害があるような気がします。やはり国家が仇討ちの権利を奪うのが、ベストではないにしろベターかと思います。

徒然草の時代はともかくとして、江戸時代は仇討ちの許可状及び立会人を立てた上での行いですから、野放しって事もないと思いますけどね。
被害者から仇討ちの権利を奪うならそれ相応の判決を下すべきなのに現実には仇討ちとは無関係なベクトルで判断される上に、本来第三者である筈の「裁判員の心情」ばかりが取り沙汰される。本当の被害者とその遺族は蚊帳の外。
こういうおかしな思考回路の蔓延こそが、本来の意味での「社会の責任」だと思ってます。

江戸時代の仇討ちは制度化されていたとはいえ、幕末になれば無法に戦闘行為が行われた例もあったと聞きます。それと仇討ちは基本的に武士階級の特権だったわけで、近代国家の秩序形成にとってそれらが馴染まないものだったのでは…。

何にせよ、仇討ちを国家が請け負うなら、刑があくまでも仇討ちの代理であることを明示しなければならないですね。そこがボヤけてるから、外野が不必要に考え込んだりするんでしょうね…。