聴力

メタボリック症候群であるとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が多く付着してしまう性質の悪い肥満に陥る事によって、深刻な生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
ストレスが溜まる経緯や、手軽で有効なストレス対処法など、ストレスに関しての基本的な知識を持っている方は、さほど多くはありません。
老化による耳の聞こえにくさは時間をかけて聴力が落ちていきますが、多くの場合は還暦過ぎくらいまでは耳の悪さをしっかり自覚できないのです。
30〜39才までの間に更年期になったら、医学用語で表現するとPOF(Premature Ovarian Failure)という女性疾患に当てはまります(日本の場合は40才以下の女の人が閉経してしまう状態をPOF(Premature Ovarian Failure)と呼ぶのです)。
一見すると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「除外しなければいけない」と思われがちですが、その実、我々人間は色々なストレスを感知するからこそ、生活することができているのです。
アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れてから30日後、製薬市場の80%が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に取って代わるという薬もあるというくらい、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国で親しまれているという現実があります。
既に永久歯の周りを覆っている骨を浸食してしまうほど時間の経ってしまった歯周病は、あわよくば病状が沈静化することがあっても、なくなった骨が元の量に復活することはまずありません。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、体内の脂肪が占める度合いのことで、「体脂肪率=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」という式によって調べられます。
環状紅斑とは何かというと環状、つまりは円い形をした真紅色の湿疹など皮膚のトラブルの総合的な病名ですが、その誘因は正に多種多様ということで知られています。
毎日の規則正しい、穏やかな暮らしの保持、腹八分目を忘れないこと、自分に合った運動等、一見アナログともいえる自分の身体への配慮が皮膚のアンチエイジングにも活用されるということです。
春に患者が増える花粉症とは、森のスギやヒノキ、ヨモギなどの木や草の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を招く病気として広く認識されています。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通、人の体をガンから護る働きを持つ物質を製造するための鋳型ともいえる遺伝子の不具合で発症してしまう病気だというのは周知の事実です。
基礎代謝は人間が何もせずに横たわっていても必要な熱量であり、大方を骨格筋・最大の臓器である肝臓・脳の3つで消費していると考えられています。
2005(平成17)年2月以降新しく特定保健用食品の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文章のプリントが食品メーカーに義務付けられている。
「いつも時間に追われている」「うっとうしい付き合いが多すぎる」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進化に追いつけない」など、ストレスを感じやすい原因は十人十色です。