肌を黒く

高血圧(hypertension)の状態が長引くと、身体中の血管に強い負担がかかった結果、頭頂からつま先に至るまで様々な場所の血管にトラブルが生じて、合併症を発症する見込が高くなると言われています。
子供の耳管の作りは、大人のそれと比較して太くて短くなっており、かつ水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。小さな子供がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関わっています。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、3〜4日ちゃんと薬を飲めば、一般に90%近くの人の自覚症状は無くなりますが、かといって食道の粘膜のダメージや炎症が完全に引いたとは言い切れません。
健康を推進する世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の度を越した浴び過ぎは皮膚の病気を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若者がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を先進国に勧めています。
もしも婦人科の検査で残念ながら卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも足りなくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合、不足分の女性ホルモンを補填する治療等で改善が望めます。
薬や酒に含まれるアルコール、合成保存料を始めとした食品の添加物などの物質を分解し、無毒化する作用を解毒と称し、肝臓が果たしている大事な役割分担のひとつであることは間違いありません。
過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、日々のストレス、老化など複数の素因が組み合わさると、インスリン分泌が減ったり、機能が落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病に罹患するのです。
体を撫でることなどで、高齢者がセラピードッグのことをすごく愛おしいと思うと「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されれば、ストレスを減らしたり心の癒しなどにつながるのです。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は比較的若い男の人多い傾向があって、ほぼ股間部にだけ広がり、軽く運動したり、お風呂上りのように体が温まった時に猛烈な掻痒感に苦しみます。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を低減したり変異を誘引する害のある物質を身体の中で解毒し、肝臓の能力をより強める役目が分かっているのです。
下腹部の疝痛を訴える人の多い病気の一例として、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、子宮の疾患等が聞かれます。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まってしまって、血液の流れが途絶えて、酸素や大切な栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞そのものが機能しなくなる恐ろしい病気です。
毎日横向きの状態でTVを視聴していたり、頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履いたりという習慣は身体のバランスを悪化してしまう元凶になります。
ストレスが蓄積していく構造や、便利で効果的なストレス対策法など、ストレスに関しての基本的な知識を勉強しようとする人は、現時点ではまだ多くないようです。
メタボリックシンドロームであるとは診断されていなかったとしても、臓器に脂肪が蓄積しやすいようなタイプのよくない体重過多を持つことに縁って、深刻な生活習慣病に罹患しやすくなります。