配属される

ドラフトについては、以前より「個人の職業選択の自由を奪うものである」
といった批判もありますが、私はこれについては「プロ野球全体が一つの会社組織の ようなもの」

だと解釈しており、従ってどの球団に所属するかは「会社のどの部署に配属されるか」に等しく、サラリーマンが通常、配属される部署を選べない ように、 すっぴん風メイク ファンデーションプロ野球という「会社」に就職することを決めたからには、どのチームに所属するかは選べないのは止む無しだと思っています。
また以前であれば、東北福祉大未満の設備だと揶揄されたプロ球団があったり、球団間の処遇にも相当の格差がありましたが、最近では各チームともに 施設も充実しつつあり、球団人気もジャイアンツ一極集中から相当に分散してきましたので、その観点からも「この球団だけはイヤ」「この球団じゃなければダ メ」といった理由は徐々に無くなりつつあります。
逆に、過去から何人か出ている「この球団以外は入団しない」として拒否してきた選手を見ると、非常に失礼乍らも「人」としての未熟さを感じます。