酵素

バランスの取れた食生活や適切な運動はもちろんですが、全身の健康やビューティーアップを目的とし、サブに色々な種類のサプリメントを採用する事がおかしくなくなりました。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質の合成に作用する特別な酵素や、細胞や組織などの代謝機能に必要な酵素など、約200種類以上ある酵素を構築する成分として絶対なくてはならないミネラル分だといわれています。
アイコンタクトで、患者さんがセラピーキャットのことをとても愛おしいと思うと「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスの緩和や心の癒しなどに繋がっています。
めまいが起こらず、長く続く耳鳴りと難聴を複数回発症するパターンのことを区別して「蝸牛型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で呼ぶ事例があるということはあまり知られていません。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特性があるのでオゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけてしまうなど、肌に悪影響を与えています。
ほとんどの場合は水虫といえば足を連想し、中でも足指の間にできやすい病気として認知されていますが、白癬菌がうつるのは足だけということはなく、体のどこにでもかかる可能性があるのです。
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を衰退させたり変異をもたらすような人体に有害な物質を身体の中で解毒し、肝臓の能力を強化するような性能が分かっています。
我が国における結核対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」に準じて推奨されてきましたが、56年後の平成19年から他の数ある感染症と一緒に「感染症新法」に従って行われることが決定しました。
針を気になる所に刺す、という物体的な刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと呼ばれるいわば電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかという見解が一般的です。
AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって起こるウイルス感染症の病名であって、免疫不全に至り些細な細菌などが原因の日和見感染やがん等を発病する病状そのものを指し示しているのです。
「時間がない」「粘着質ないろんなお付き合いが多すぎる」「あらゆるテクノロジーや情報の進歩に付いていくのに必死だ」など、ストレスを感じてしまう素因は人によって異なります。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れてから1ヶ月後、市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に取って代わる薬品もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界中に親しまれています。
エイズウイルス(HIV)を保有している血液や精液の他、腟分泌液や母乳などの体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口などに接触する事で、感染の危険性が大きくなってきます。
1型糖尿病というのは、膵臓にある血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまうことが原因となり、あの膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなってしまい発病してしまうという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)が密に関係していて、前立腺に現れてしまった癌も同じように、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて肥大化してしまうのです。